わきが治療のこれからの変化

わきが治療は現在、色んな方法があります。
その中でも昔からある一般的なわきが治療は、脇の下の皮膚を切開して、その下にある汗腺を除去する方法になります。


この治療を行えば、わきがの臭いを元から断ち切ることができ、完全改善ができるでしょう。

この治療にかかる医療費ですが、自由診療の場合は約20万円〜30万円かかります。

ただ、保険適用で治療ができる場合は約5万円の医療費で済みます。

わきが治療は原則として自由診療になるので、保険を使うことができません。そのため、各医療機関で自由に費用設定がされています。


ただ、一定の条件を満たす場合にのみ保健診療が可能となり、その場合は保険を使った治療ができます。では、その条件とは何かですが、2つあります。
それは「保険診療が可能な施設であること」と「わきがの臭いの程度が保険適用できると判断されること」です。

保険診療が可能な施設は探せばいいだけですので、特に大きな問題はありません。


医療機関ごとのHPでも確認することができるでしょう。さて、問題は「わきがの臭いの程度が保険適用できると判断されること」です。

こちらのミラドライについての情報はこちら。

具体的には、診察をした医師が、患者の脇の下の臭いを「保険適用できます」と認める必要があるという事です。
そもそも保険は、“生活の弊害となる症状の予防や治療にのみ適用できる”としています。

わきがにおいては、その臭いが生活に支障をきたす臭いであるかどうかが判断基準になります。ただ、客観的に「臭い」を判断するのは非常に難しいことなので、その判断を医師に委ねると言う方法を取るしかありません。基本的な臭いチェックは、直接脇の下の臭いを嗅ぎますが、医療機関によっては異なるチェック方法を試すこともあります。

いずれにしても臭いが判断基準になることは間違いないので、臭いが付いた洋服を着ていくという工夫をしてみるのもいいでしょう。まずは、医療機関をチェックしてカウンセリングを受けに行く、それからです。